アトピカ小型犬用最安値を調べた

アトピカ(小型犬アトピー4〜7.5kg)通販で最安値は・・

エビフライの尻尾を食べる食べないで家族で都度議論されますが、自分は食べません。なんとなく食べる部位ではない気がしてしょうがないし。カルシウムがどうのこうの言って食べろって言われるけどカルシウムは他で補充したい。そういえば、うちのワンコもアトピー気味でご飯や何やら気を使いつつ動物病院でアトピカ処方されてあげてますが毎回このために病院に行くのも面倒だなと思ってたら通販で売ってるじゃないですか!?おなじものが。とりあえず今後のお財布のことも考えて、通販で一番最安値を休みに真剣に探しちゃいました。気が付いたら夕方・・今日はスーパーのお惣菜買ってこよう。

 

自分が調べた中ではここが最安値でした・・
ウサパラのアトピカ(小型犬用/4〜7.5kg)25mg

 

病院よりもだいぶ安いけど大丈夫かな・・?
25mgアトピカ(小型犬用/4〜7.5kg)

 

ちゃんと正規品みたいなので今回からここに決めました・・
アトピカ(小型犬用/4〜7.5kg)25mgウサパラ店

 

 

Atopica(アトピカ)は・・

犬のアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患や自己免疫症疾患の免疫
抑制剤です。 

 

アレルゲンに対して過剰に反応してしまう免疫系皮膚細胞の働きを抑制し、
皮膚の赤みやかゆみなどのアトピー性皮膚炎の症状を緩和します。

 

同じノバルティス社製で犬用でアトピカ、人用でネオーラルがあり、これらは
犬用・人用の違いはありますが同一成分の製品です。またジェネリック
製品では犬用ではアトペックス、人用ではネオメルク、マイラン、アマドラ、
シクロスポリンカプセルなどがあります。

 

主成分シクロスポリンは世界で初めて臨床応用された免疫抑制剤で、
人のアトピー治療薬として1987年から使用されており、日本では
犬用のアトピー薬として2006年から使用開始されました。

 

従来のシクロスポリンは吸収のばらつきが大きいため、Atopica(アトピカ)は
それを解消するために体内で混合ミセルを簡単に形成し水溶性と同様の
性質を示すことにより、胆汁酸分泌量に依存することなく、より安定した
吸収率が可能なマイクロエマルジョン製剤です。

 

 

飲ませ方

1日1回体重1kgに対してシクロスポリン5mgを基準量とし、下記の量を
4週間連続経口投与する。

 

尚、食餌から2時間以上あけて空腹時に投与し、投与後2時間は餌を
与えないこと。
投与開始し4週間以降に症状の改善が見られない
場合には、症状に応じて投与間隔を隔日または週2回に減らすことが出来る。 

 

ただし、投与期間は8週間を超えないこと。

 

 

副作用

軽度から中程度の食欲不振、嘔吐、軟便、下痢などの胃腸障害を誘発することがある。
歯肉肥厚、耳介・肉球および皮膚のいぼ状病変、被毛状態の変化。


 

 

『今日の独り言』

3連休とかの後はゴミ捨て場のゴミがすごいことになるなぁ。どうしてこんなにゴミがいっぱいたまるんだろう。みんな出かけないで家の片付けをしてたのかな。臭いも凄いし。燃えるゴミと思えないゴミの二箇所に分かれてるけど燃えないゴミの方までいっぱいだし。業者の人も大変だろうなぁ。でもあの清掃車すごいゴミいっぱい入るよね。見てて思います。


 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る