フロントラインスプレー犬猫兼用が欲しくて最安値を調べた

フロントラインスプレー(犬猫兼用ノミマダニの駆除250ml)通販最安値は・・

日曜日に予定が急きょ無くなったので、車で30分のところにある爺さんの家に遊びに行きました。そしたらテーブルに昔みたようなハッカ油が置いてあり、何につかうの?って聞いたら、それを雑巾に垂らして拭くとしばらく蚊が寄り付かないらしい。今度やってみよ〜それはいいとして、うちのワンコは1か月に1回ノミマダニの駆除でフロントラインをやってますが、薬だと食べないし直接塗ると嫌がって手元が狂うしで色々面倒なことが多いので、何かいい方法ないかなと探したらフロントラインスプレーってあるそうですね。これの方が全体的に行き渡るしやり易いかなと思い、欲しくなり、この前の日曜日に通販最安値サイトを全力で調べましたよ。そういえば爺さんは今年90歳だけど今まで何回か病気したけど、心の病には罹ったことないって自慢してた・・元気な証拠だ^^

 

自分が調べた中ではこの店が一番最安値でした・・
ウサパラのフロントラインスプレー250ml (犬猫兼用)

 

正規品みたいだし大丈夫かな・・どうしよ
(犬猫兼用)フロントラインスプレー250ml

 

結局リピ考えてこの店で1本最安値で購入しました
フロントラインスプレー250ml (犬猫兼用)ウサパラ店

 

 

フロントラインスプレー、頻度は?

有効成分のフィプロニルを含有する犬・猫用のスプレーです。ノミ、マダニの
駆除に使用します。

 

フロントラインスプレーに含有されている有効成分のフィプロニルは、昆虫・寄生虫
などの中枢神経伝達物質であるGABAの働きを阻害することで、殺虫効果
を発揮します。

 

ノミ、マダニなどの外部寄生虫のGABA受容体にのみ強い親和性を有するため、
犬・猫及び人間などの脊椎動物のそれには、ほとんど作用しないのが特徴です。

 

1回の投与で、犬のノミに対して最長3ヶ月、猫のノミには最長2ヶ月、マダニには犬猫
とも1ヶ月間、効果が持続します。

 

効果

犬、猫:ノミ、マダニの駆除

 

使い方

容器を犬、猫から約10〜20cm離し、下記の量を基準として専用のスプレー
ポンプを用いて被毛全体にスプレーします。毛並みに逆らい、毛の付け根に向けて
スプレーし、被毛全体を湿らせ、そのまま自然乾燥させてください。

 

通常、用量は体重1kg当たり3mL(フィプロニルとして7.5mg)を基準量とし、
毛の長さに応じて、6mL(フィプロニルとして15mg)まで増量することができます。

 

 

副作用

副作用が認められた場合には、速やかに獣医師の診察をお受けください。もし、
動物が舐めた場合、溶媒の性状のため一過性の流涎が観察されることがあります。

 

そのため、本剤投与後乾燥するまではお互いに舐めないようにご注意ください。

 

本剤使用後、体表が濡れたまま狭いゲージに入れると、アルコール様中毒症状
(嗜眠、ふらつき、流涙、虚脱、沈鬱、元気消失、心速拍、発熱、嘔吐、食欲不振)
を生じる場合がありますので、自然乾燥を確認後入れるようにしてください。

 

まれに、他の外用殺虫剤同様に本剤の使用後、個体差による一過性の過敏症
(投与部位の刺激によるそう痒、発赤、皮膚乾燥、脱毛、陰部膨張、眼瞼膨張)
が起こることがあります。

 

もし、症状が持続または悪化する場合は、直ちに獣医師にご相談ください。

 

 

飼い主さんの注意事項

ゴム手袋を着用して、お使いください。本剤を使用する際は、できるだけ吸い込まない
ようにご注意ください。

 

飲食をしながら投与しないでください。喫煙をしながら投与しないでください。
内容液が皮膚に付着した場合は、まれに一過性の皮膚反応が起こることが
ありますので、使用後は石けんで、手をよく洗ってください。

 

もし、誤って目に入った場合は、直ちに流水中でよく洗い流してください。
また、刺激が続くような場合は、眼科医の診察をお受けください。本剤投与後、
完全に乾くまでは投与部位に直接触れないでください。

 

また、投与したことを知らない人も触れないようにご注意ください。
特に小児が、投与した犬又は猫に触れないようにご注意ください。

 

 

『今日の独り言』

2週間に1回位回転寿司に行きますけど最近はスマホで事前に予約してなるべく待たないで席に座ります。予約しないと相当待ちますからね。席に座る時ってレーンに対して上流の方だといいけど、下流だとネタが渇いたのが来そうでやだな。あと注文したものが来るとき時間かかるからめんどくさいよね。でもあの席を選べるのは運だよね。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る