フロリネフジェネリックの「フロリコット」に切り替え今後の継続購入のため最安値で買える通販サイトを見つけたよ

うちの娘チワワ、5年ほど前に急に具合が悪くなり検査したところアジソン病と診断され、それからフロリネフを処方されずっと朝晩1錠ずつ一か月に60錠飲ませてます。症状は安定して血液検査の結果も今のとこ落ち着いていて一安心。でもこの病気になって最初入院して治療費とその後の薬代に驚いて腰抜けました〜。薬なんか100錠でウン万円っておいおい汗。今後もこの子の面倒見れるのかと思ったけど・・知り合いからネットの方が薬は安く買えるよ〜と教えてもらい調べたら、確かに信じられない程安かった^^さらに調べたらフロリネフジェネリックの「フロリコット」の方が今はお手頃価格で薬効も同じとか。先生に相談して診察は病院で、薬はネットで買う許可を貰いつつ、今後の継続購入のため最安値で買えるお財布に優しい通販サイトを真剣に探しました。

 

自分が調べた中ではココが一番安かった〜

 

最安フロリコット100mcg

 

この価格見るといかに病院が高いか汗

 

安心格安のフロリコット100mcg

 

結局、送料無料で最安のこれに決めました

 

ウサパラのフロリコット100mcg

 

 

フロリコット概要

 

犬・猫のアジソン病(副腎皮質機能低下症)の治療に用いる合成鉱質コルチコイド製剤です。フルドロコルチゾン酢酸エステルを有効成分とし、ミネラルを調節する働きのあるホルモンを補います。

 

有効成分のフルドロコルチゾン酢酸エステルは、ナトリウムやカリウムなどの代謝に作用する副腎皮質ホルモンです。副腎皮質ホルモンが不足する疾患であるアジソン病(副腎皮質機能低下症)の犬・猫に用いることで、動物体内にナトリウムを貯めて、カリウムを排泄します。
フロリコットは、体重や症状により投与量が異なりますので、必ず獣医師に指示された用法・用量をお守りください。

 

 

フロリコット効果

 

犬・猫:アジソン病(副腎皮質機能低下症)

 

 

フロリコット使い方

 

必ず獣医師に指示された用法・用量をお守りください。投与期間は、症状や副作用の程度により異なります。

 

アジソン病の維持療法として、犬には通常、体重や症状に応じて0.1〜0.4mg(1〜4錠)を投与します。
猫には通常、体重や症状に応じて0.1mg(1錠)を投与します。

 

 

ペットへの注意事項

 

ペットへの投与を忘れた際は、思い出したときすぐに投与してください。次の投与には、最低でも6時間の間隔をあけてください。
2回分を一度に投与しないでください。

 

 

フロリコット副作用

 

高血圧、高ナトリウム血症、低カリウム血症、浮腫、嘔吐、下痢、脱力感、抑うつなどの症状が現れることがあります。

 

 

 

今日の独り言

 

この前、テレビ見てて驚いたけど・・高速道路の逆走。自分が高速走ってて前から向かってきたら焦るまえに一巻の終わりですよね。どうやって逆走に至ったのか・・サービスエリアで休憩後本線から逆走してきたのか?不思議ですよね。しかもその逆走車は隣に人が乗ってて不思議に思わなかったらしいから、これまた終わってます。高速道路はたまに走りますが、永遠と走ってると眠くなるしまさか正面から逆走車が来ると思わないから自分の前に来たらパにくりますよね。そういえば長期連休の高速道路はすごく混んで大変ですがさらに大変なのはサービスエリアの女子トイレですよね。いつも長蛇の列見ますが下手したら漏れちゃいますよね。だからギリギリで並ぶのは良くないですよね。地方に行くにしたがってトイレがしょぼくなりますが、さらに言えばトイレットペーパーもしょぼくて表面に光沢ある吸い取り悪い紙で、よくショッピングモールとかもあの紙使ってますが、トイレする度にがっかりします。なんかトイレットペーパー作る会社も値段に応じていくらでもコストダウンできるのだなと妙に感心したり笑まぁただで使わせてもらってるから文句言えませんが、それでも諸外国よりは全然清潔な方だと思います。最近は道の駅がどんどん増えて下道で行く分にはコンビニでトイレ借りることもなくなり便利ですよね〜そんな道の駅もいろんな特色を持たせたりして、テレビで見たのは全国制覇を目論む人もいたり・・それも面白いですよね^^